« 「ワンストップ・サービス」試行で考えること。 | トップページ | 小向美奈子の「踊り子専念」に思う。 »

2009年11月30日 (月)

「内外タイムス」破産!

夕刊紙「リアルスポーツ」を発行する、内外タイムス社が、今日東京地方裁判所に自己破産を申し立て、夕方には破産手続きが開始されました。

負債総額は26億円あまりにのぼります。

新聞の発行も今日30日の発行を最後に休刊(実質廃刊)することになりました。

もともと「内外タイムス」として風俗関連や競馬関連を中心として「最強競馬新聞」と銘打って発行していました。ところが今年4月に経営陣が交代してから、社会面を中心とした紙面に大幅に変えたのですが、これがかえって裏目に出て、読者離れが急激に起こったので、慌てて一ヶ月もしないうちに元の紙面に戻したのですが、元から数年前から広告収入の減少に加え、いったん離れた読者を引き戻すには至らず、遂に自己破産と休刊においこまれたものです。

廃刊は残念ですが、読者をひきつけられなかったマスコミは自然淘汰されたほうがいいのです。

|

« 「ワンストップ・サービス」試行で考えること。 | トップページ | 小向美奈子の「踊り子専念」に思う。 »

コメント

これに関連するのですが、「リアルスポーツ」のWebサイトを運営している会社が、内外タイムス社が破産した日に、Webサイトの名称を「リアルライブ」と改め、12月15日から内容を大幅に変更することを発表しました。

もともと、運営会社がサイトをやっていたので、内外タイムス社とは、記事提供にとどまっていたそうです。
このため、リアルスポーツに記事を提供しているライターたちを引き継ぐ形で存続するようです。

投稿: 柏のさかなくん | 2009年12月 2日 (水) 08:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「内外タイムス」破産!:

« 「ワンストップ・サービス」試行で考えること。 | トップページ | 小向美奈子の「踊り子専念」に思う。 »