« 騎手の窃盗事件に思う。 | トップページ | 「事業仕分け」から見えた、マニュフェストの問題 »

2009年12月 2日 (水)

キャバクラ嬢が、労働組合を結成!?

キャバクラで働く女性に対する賃金の未払いや、従業員や客からのセクハラに対しての待遇改善を求めて、東京都内のキャバクラ嬢達が、労働組合「キャバクラユニオン」(仮称)を結成し、今月中に準備委員会を発足させることになりました。

組合は、個人加盟の労働組合「フリーター全般労組(略称フリーター労組)」の分科会、といった形式になるそうで、多くのキャバクラ嬢の加入を求めていくそうです。

フリーター労組によると、今年に入ってキャバクラ嬢らから賃金未払いなどの相談が相次いで寄せられた。「指定した日に客を呼べなければ罰金数万円」「15分遅刻で罰金1000円」など、労働基準法(制裁規定の制限)に違反するとみられる例も多いという。このまま女性たちが個別に交渉するのは限界があるとして、専門分会として立ち上げる方針を固めたそうです。

労働組合、と聞くとどうしても大手企業グループや公務員が加入する、といったイメージが強く、労働組合が弱体化するにつれて、本来ならば組合と会社との間で解決するべき問題までも労働基準監督署や裁判所に訴えることが多くなっています。

それに、労働組合に入っていない労働者が全体の8割を超えるげんざい、こういった「一人でも加入できる労働組合」が今後の流れになって行くと思います。

わたしも、「労働問題の解決」を行政や裁判に委ねるのは限界があると思うのです。そういったこういったことに訴えなくても、当事者間で解決する手段として、労働組合の活用を考えるいい機会だと思うのです。

組合側も、こういった声が次第に大きくなっていることをよく認識し、こういった形で組合を運営していく必要に迫られていると思うのです。

|

« 騎手の窃盗事件に思う。 | トップページ | 「事業仕分け」から見えた、マニュフェストの問題 »

コメント

このことに関する続報です。

今日(12月22日)、正式に「キャバクラユニオン」として労働組合が設立されました。

また、27日にも無料電話相談を行うそうです。

投稿: 柏のさかなくん | 2009年12月22日 (火) 20:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キャバクラ嬢が、労働組合を結成!?:

« 騎手の窃盗事件に思う。 | トップページ | 「事業仕分け」から見えた、マニュフェストの問題 »