« ジャパンカップダートのポイント(6) | トップページ | ジャパンカップダート、参考買い目 »

2009年12月 6日 (日)

ジャパンカップダートのポイント(7)

最後に、昨日前売り発売がありましたので、そのオッズから考えられることと、ちょっと小耳に挟んだ話しを。

まず、単勝の1番人気がエスポワールシチーで、その次にヴァーミリアンとなっていることはちょっと意外でした。お互いの前走の内容から見て、どっちもどっち、と思ったのですが、結構差が開いていたのは以外でした。でも、実際のところ、ここまでのレース振りから見てもエスポワールシチーのほうに分があることは確か。ただし、こういった情報が入っている。

「『前走後に疲れが出てJBCを回避したのは事実。それでも十分間隔をとって、力を出せるデキに仕上がった。』とは、とある関係者の談話。だが別の関係者は『少し重いかもしれない。』「前走の南部杯はタフなレースだった。』とマスコミ上には出ない弱音もチラホラと。」

どうも、今年の南部杯に出走した馬のその後の成績がサクセスブロッケンを初めとして、あまり芳しくないのはどうもその点に問題があるのかもしれない。

それと、エスポワールシチーについて別にこんな話もある。

「南部杯後、馬体の回復に専念したこともあって、どうも体重が絞りきれていない。」JBCを回避したのはその点にも問題があるのかもしれない。

もうひとつ、メイショウトウコンについてのこんな話。

「ここ近走の成績はこの馬の調教師が変わった(安田伊佐夫前調教師が亡くなったため、武田博厩舎に転厩した)ので、使うレースに十分な調教を積めなかった。結果として中途半端なレースが続いた。」というのである。元々関東の競馬場に遠征するだけでも走らない馬だから、環境の変化に敏感だったかも知れない。

今回は休み明け2戦目。ハッキリ言って走るかもしれない。

今回は久々に参考買い目も公開します。お昼過ぎ頃に書き込みいたします。

|

« ジャパンカップダートのポイント(6) | トップページ | ジャパンカップダート、参考買い目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジャパンカップダートのポイント(7):

« ジャパンカップダートのポイント(6) | トップページ | ジャパンカップダート、参考買い目 »