« 阪神・淡路大震災の日に思うこと。 | トップページ | 国会論戦に望むこと。 »

2010年1月17日 (日)

「無事是名馬成り」

日本の競馬界で最も数多くのレースに出走した馬が、このほど引退しました。

関連URLhttp://www.keiba.go.jp/topics/2010/0113_1.html

このは、高知競馬所属のダイナブロスで、御年14歳。1998年(平成10年)に当時の県営新潟競馬でデビュー。高知競馬には2003年(平成15年)に転入。引退までほぼ休み無く使われており、最終成績は13勝2着30回3着26回でした。

普通、競走馬の寿命はたいてい5~6歳、長く走っても8歳くらいまでだと言われます。最近、JRAでも、10歳馬が重賞競走を勝ったこともありますが、出走回数はそんなに多くないのが現状です。

この中で、なぜか高知競馬はやたらに高齢馬が出走しており、最近ではオースミレパード(引退)が、16歳で重賞競走を勝ったりするなど、やたらに活躍が目立ちます。

そんな中で、このダイナブロスは結果自体はそんなに輝くものはありませんが、1戦1戦大事に使われてきたことが300戦出走、という金字塔を打ち立てられたのだと思います。

引退後は乗馬として余生を送ることになったそうで、何よりです。

|

« 阪神・淡路大震災の日に思うこと。 | トップページ | 国会論戦に望むこと。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「無事是名馬成り」:

« 阪神・淡路大震災の日に思うこと。 | トップページ | 国会論戦に望むこと。 »