« 瓦礫処理は『震災利権』そのもの! | トップページ | バス事業は「規制緩和」するべきではない業種だ! »

2012年5月 7日 (月)

原発は直ちにすべて『廃炉』するべき!

暫くこちらのブログを放置してしまいましてすみませんでした。ここのところ仕事が多忙になってしまったので、こちらへの書き込みが後回しになってしまい、申し訳ありませんでした。今日からこのブログを本格的に動かそうと思っていますので、更新が不定期になりますがよろしくお願いします。

さて、先週の土曜日(5/5 正確には日曜日(5/6)の未明)北海道電力泊原子力発電所の3号機が定期検査で停止し、これで、日本国内にある50基の原発すべてが停止しました。

※現実的には54基なのですが、法律上昨年事故を起こした東京電力(福島)第一原子力発電所の1号機~4号機は『廃止』となっているため、ここでは50基と表記します。

率直に言って、むしろ遅すぎたことであり、これだけ人類史上最悪の事故を起こしながら1年以上も『即時停止』停止できなかった電力業界や政府の体堕落ぶりに怒りを通して虚しささえ感じるしだいです。

結論から申しますと、どんな形でさえ、『全基停止』は当然の結果であり、今後は「いかに『原発を再稼動させないか?』」にかかっていると思うのです。

しかしながら、現在関西電力大飯原子力発電所3号機の再稼動に向けた政府と経済産業省、それに『電力利権』に塗れた企業連中どもによる執拗、かつ強硬な『電力不足デマ』がマスゴミを通してほとんど途切れることなく垂れ流されています。

これらの連中の大体のお題目は「原発が止まると、あらゆる企業活動や日常生活に影響があるから原発は必要だ!」といった類のものなのです。

しかし、騙されないでください。これらの連中らのホンネは『原発を1基でも稼動させないと、自分たち(官僚や経営者など、『電力利権』の恩恵を一番受けた連中)の地位が危なくなる』ことと共に、世界的な流れでもある「発送電分離」や「電力自由化(あくまでも生活者視点での)」を何とかして阻止しなければならない、ということ、そして最大のホンネは「『反原発』や『脱原発』を叫んでいる奴等は自分たちはジャブジャブ電気を使っているくせに、(電力不足が起これば)それらができなることを考えないから、無関心や『反・脱原発』を訴えていけば、国民もそうそう『脱原発』を考えなくなるだろうし、一過性のブームで終わるだろう。」と算段を踏んでいるのです。

でも、私たちはこれらの『電力利権』や『反・脱原発』に世論を誘導しようとしているマスゴミ連中や利権に塗れた連中どもにはもう騙されません。

今はネットやTwitterなどを通じて『日本の捏造・洗脳報道』を批判する世界のマスコミの報道や『反原発』や『脱原発』を訴えているジャーナリストや「本物の専門家」達の意見などに触れ、毎週のように『脱原発デモ』や『反原発集会』が行われ、国民の過半数が『脱原発』『原発即時廃炉』を訴える世論も次第に育ってきました。

ただ、大新聞やテレビなど「大手メディア」と称するマスゴミ連中はそれらに対して「臭い者には蓋をしろ!」の論法で全くといっていいほど伝えていません。

でも、若者の過半数以上がテレビや新聞を見ていないことを考えて見ますと、日本の『真の世論』は確実に『脱原発』『原発即時廃炉』になってきているのです。

とにかく日本のすべての原発は止まりました。今後はすべての原発を『再稼動』させずにいかに『廃炉』に向かわせるかがこの国の運命を握ることになると私は考えます。

|

« 瓦礫処理は『震災利権』そのもの! | トップページ | バス事業は「規制緩和」するべきではない業種だ! »